谷中七福神めぐり ~前編~

あけましておめでとうございます。

ついに2016年に突入です。

突然、私個人の話ですが年男でして、今年は飛躍の年になりそうです。


さて、不定期更新のこのブログですが、

2016年の年明け一発目は、「谷中七福神めぐり」です!

このような「めぐり系」は私、お初でございまして

嫁の持つ「御朱印帳」を持参し、お昼頃から出発!!


天気は晴天、1月なのに暖かく気持ちの良いお正月が続いています。

上着が邪魔なくらい。


はじめに「谷中七福神めぐり」について、ざっくり言うと


<江戸最古>です!

ほらね。(笑)


そして、その七福神はこちら↓

JR田端駅から上野駅までの間。

(田端駅発行の七福神めぐりマップより)


私は田端駅から歩いて第一の寺へ向かいましたが、当日(1月2日)は

同じように七福神めぐりするっぽい方々がたくさんいたので

自然とついて歩いて東覚寺に。

谷中七福神めぐりは、だいたい2時間くらいと言われており、ちょうど正午くらいで

人もにぎわっており、それでも大混雑まではいかない感じだったため、

ふんふん、これならば余裕で回りきれるだろうと思っていました(この時は、、、)

※最後の上野の弁財天は17時に閉鎖されるのです

しっかり、御朱印もゲット!

しかし、御朱印は寺・神社で様々。今のところ、私のお気に入りは

新橋にある「烏森神社」でしょうか。


続いて「青雲寺」

二つ目にして、なかなかの行列でした。

敷地も小さいため、門の外、階段下り、住宅に挟まれた参道(?)にまで

列が伸びていました。

そして、写真の門前まで気づくのです。

並んでいた列は「御朱印」待ちの列で、参拝ではないことに。

※写真の左奥が参拝の列で、10人ほどの列、、、

なので、御朱印ゲット後の参拝ですいません。

当たり前ですが、御朱印はちゃんと筆で書いて印を頂くのですが、

谷中七福神めぐりでは、色紙バージョンがありました(ちなみに1,200円)

そこには既に筆が入れてあり、印を頂くだけのものでした(ちなみに色紙だと200円)

御朱印にはすごい行列ができ「御朱印コレクター」的な人も多かったですね。

(参拝せんと、印だけもらいたい人とか)


頂いた直後の墨汁のにおいがタマランのです。

(マッキーより好き)


続いて3つめのお寺、「修性院」

青雲寺 からすぐ。

中では写真撮りませんでしたが、こんな感じの福の神が鎮座。 

そして御朱印もちゃんとゲット!

今回の七福神めぐりでは、この御朱印が一番好きかな~。

だいたいどこのお寺も、3人くらいの体制(多いところは5~6人)で書いて頂けるのですが

人によって書体や雰囲気が全く異なるのに驚きました。

特に決まりはないのでしょうかね。

でも、「烏森神社」の御朱印のほうが、好きね。


さて、4つ目に向かう間に「谷中ぎんざ商店街」があります。

ちょうどマップでは夕焼けだんだんの階段下を横切る感じですね。

来ました。例のあの子たち。

警戒してすーぐ逃げる子もいますが、この子は腹が座ってます。

寝てたのかな???w

1月2日の谷中ぎんざ商店街。

開いているお店は1/3程でしたが、思った以上に人が多く、これまたびっくり。

七福神めぐりしてる人たちの寄り道もあるのかなぁ?


では、続きはまた今度ー。

勝手に谷中新聞

谷 中 銀 座 商 店 街 を 中 心 に ゼ ロ 視 点 で 綴 る